映画『オーシャンズ12』の登場人物&相関図&時系列


11人で返すのは、
1億6,000万ドル+利子!

 

大人気映画『オーシャンズ』シリーズ。
その第2作目は、時系列が複雑ですね。

そんな『オーシャンズ12』の登場人物や時系列を、イラストで分かりやすく紹介します!

 

 基本情報 & あらすじ


 現題:Ocean’s Twelve
 監督:スティーブン・ソダーバーグ
 脚本:ジョージ・ノルフィ
 国 :アメリカ合衆国
    オーストラリア
 公開:2004年10月10日(米)
    2005年 1月22日(日)
 時間:125分
 原作:-
 音楽:デヴィッド・ホルムズ

あらすじ_
3年前カジノから大金をまんまとせしめたオーシャン(ジョージ・クルーニー)とその仲間たちだったが、金を奪われたベネディクト(アンディ・ガルシア)の怒りはおさまっていなかった。「1億6,000万ドルに利子をつけて返済しなければ命はない」と迫り、オーシャンたちは金を準備するためにヨーロッパへ飛ぶ。出典元

 

 登場人物 & 相関図

ボーイ

オーシャンズ12の12人目は、テス!

オーシャンズ12相関図

 まる分かり!『オーシャンズ12』の時系列!※ネタバレあり!

ボーイ

ポイントは、返済6日前!

映画『オーシャンズ12』の時系列

こぼれ話 & ネタバレ感想

前作でオーシャンズが奪ったのは、
1億6,000万ドル」。
日本円にすると約「169億円」!

本作でオーシャンズが返さなければならないのは、
2億900万ドル」。
日本円にすると約「222億円」!
(1人1900万ドル/内利子が約600万)

各々が使わなかった分を合わせて計算すると、
9700万ドル」足りません。
日本円にすると約「103億円」!

うーん!!
相変わらず、規模が大きいですね!
それを簡単に計算した、資産家ルーベンはさすがです!

そして、いとも簡単に(?)
そのお金を払えてしまうトゥルワーはすごい!

前作から1人も欠けず、さらにキャサリン・ゼタ=ジョーンズさんやヴァンサン・カッセルさん、さらにはブルース・ウィリスさんなど豪華キャストも出演!
それだけで観る価値があるなぁ!と思います。

時系列がかなり複雑でしたが、理解してからは「なるほどぉ〜」と、もう一度観たくなります。
結局観る側は、この映画の半分から騙されていたのですね…!ヤラレタ!!

前作と変わらずニヤッとする演出が多数で、特に好きなのはライアンのお母さん登場!
まさかの演出が、最高にスカッとしました。

 

 出演者一覧

オーシャンズ12
メンバー

1:ダニエル(ダニー)・オーシャン役

ジョージ・クルーニー(George Clooney)

ダニエル(ダニー)・オーシャン役ジョージ・クルーニー
ジョージ・クルーニーの経歴は?👤
1961年5月6日アメリカ合衆国ケンタッキー州レキシントン出身。俳優・映画プロデューサー・監督・脚本家。
父は映画評論家兼ニュースキャスター、義叔父は俳優、伯母は歌手と芸術に関わりのある一家である。エキストラ出演からキャリアをスタートさせ、医療ドラマ『ER緊急救命室』でダグ・ロス医師役で名を知られるようになる。

ジョージ・クルーニーの役柄は?🍿
作戦の立案者、オーシャンを演じています。
かなり頭がキレるツワモノで、終始”男の余裕”のようなものを感じます。渋くて憧れてしまいますよね!

パート1では?
裏世界で有名な泥棒・詐欺師で、仮釈放中でした。捕まっている最中に、妻のテスに離婚をされてしまいました。そこで仮釈放された後、現在テスの恋人・ベネディクトが経営するカジノホテルのお金とテスを奪う計画を立て、無事に成功させました。

パート2では?
テスとよりを戻し、幸せな結婚生活を送っていましたが、ベネディクトがやって来て前作のカジノ強盗の報酬の返済を求められます。返済不足分は、1000万ドル。

ジョージ・クルーニーの他の映画出演作は?🎬
『素晴らしき日(1997)』『ピースメーカー(1997)』『アウト・オブ・サイト(1997)』『スリー・キングス(1999)』『オー・ブラザー!(2000)』『シリアナ(2005)』『グッドナイト&グッドラック(2005)』『ヤギと男と男と壁と(2009)』『アルゴ(2012)』『オーシャンズ8(2018)』

2:ラスティ・ライアン役

ブラッド・ピット(Brad Pitt)

ラスティ・ライアン役ブラッド・ピット_12
ブラッド・ピットの経歴は?👤
1963年12月18日アメリカ合衆国オクラホマ州シャウニー出身。俳優・映画プロデューサー。
大学の学位を取得するわずか二週間前に、将来を見据え俳優になることを決意し大学を中退する。働きながら演技を学び、脇役でキャリアを重ねた後、1988年『リック』で映画初主演。

ブラッド・ピットの役柄は?🍿
チームのNo2、ラスティを演じています。
ダニーとは古い仲のようで、さながら年の近い兄弟のようです。
忙しいのか、食べることが好きなのか常に何か食べ物を口にしています。ジャンクなものも甘いものも、何でも好きなようです。

パート1では?
ダニーの右腕的存在で裏世界での顔が広く、主に仲間のスカウトを行なっていました。

パート2では?
ホテル経営に乗り出しましたがうまくいっておらず、前作のカジノ強盗の報酬も1番使い込んでいました。返金不足分は、2500万ドル。
付き合っていたイザベルのことが忘れられずに、前作でダニーがテスの心を取り戻したように自分もイザベルの気持ちを取り戻そうとしています。

ブラッド・ピットの他の映画出演作は?🎬
『リック(1988)』『テルマ&ルイーズ(1991)』『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア(1994)』『セブン(1995)』『12モンキーズ(1995)』『ジョー・ブラックをよろしく(1998)』『ファイト・クラブ(1999)』『ザ・メキシカン(2001)』『Mr.&Mrs. スミス(2005)』『ベンジャミン・バトン 数奇な人生(2008)』『それでも夜は明ける(2013)』『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019)』

3:フランク・キャットン役

バーニー・マック(Bernie Mac)

フランク・キャットン役バーニー・マック
バーニー・マックの経歴は?👤
1957年10月5日アメリカ合衆国イリノイ州シカゴ出身-2008年8月9日(50歳没)。俳優・コメディアン。
19歳からコメディハウスなどでコメデイアンとして活動する。32歳で新人コメディアンの登竜門「ミラー・ライト・コメディ・サーチ」で優勝し、一躍有名に。

バーニー・マックの役柄は?🍿
前科持ちのカジノのディーラー、フランクを演じています。

パート1では?
ディーラーとしてベネディクトのカジノに潜入し、見事ベネディクトの視線を逸らし金庫のカードの入手に成功していました。

パート2では?
ネイルサロンを経営しています。ラスティとイザベラの関係を知っている唯一の存在。返済不足分は、800万ドル。

バーニー・マックの他の映画出演作は?🎬
『モー・マネー (1992)』『エディ&マーティンの逃走人生(1999)』『キング・オブ・コメディ(2000)』『ヒップホップ・プレジデント(2003)』『トランスフォーマー (2007)』『マダガスカル2 (2009) 声』

4:ルーベン・ティシュコフ役

エリオット・グールド(Elliott Gould)

ルーベン・ティシュコフ役エリオット・グールド(Elliott Gould)
エリオット・グールドの経歴は?👤
1938年8月29日アメリカ合衆国ニューヨーク/ブルックリン出身。俳優。
ブロードウェイで活躍し、1970年の映画『M★A★S★H マッシュ』で一躍人気者になる。

エリオット・グールドの役柄は?🍿
大きなメガネがトレードマークのベガスのカジノホテル経営者+資産家、ルーベンを演じています。

パート1では?
主にスポンサーとして資金面をサポートしていました。

パート2では?
株式投資でさらに資産を増やし「ベネディクトに返すお金がある人?」という質問に、唯一パッと手をあげました。さすがです!よって、返済不足分はありません。

エリオット・グールドの他の映画出演作は?🎬
『M★A★S★H マッシュ(1970)』『ナッシュビル(1975年)』『アメリカン・ヒストリーX(1998)』『コンテイジョン(2011)』『オーシャンズ8(2018)』『デンジャラス・ライ(2020)』

5:バシャー・ター役

ドン・チードル(Don Cheadle)

バシャー・ター役ドン・チードル(Don Cheadle)_12
ドン・チードルの経歴は?👤
1964年11月29日アメリカ合衆国ミズーリ州カンザスシティ出身。俳優・映画監督・映画プロデューサー。
2004年、映画『ホテル・ルワンダ』で演技が高く評価される。

ドン・チードルの役柄は?🍿
爆発物専門家、バシャーを演じています。

パート1では?
通称『人間火薬庫』。ラスベガスを大停電させて、システムをダウンさせました。

パート2では?
えぇ、まさかのラッパーになっておりました!収録の最中にベネディクトがやってきます。返済不足分は、900万万ドル。

ドン・チードルの他の映画出演作は?🎬
『デンバーに死す時(1995)』『ブギーナイツ(1997)』『アウト・オブ・サイト(1998)』『天使のくれた時間(2000)『ラッシュアワー2(2001)』『ホテル・ルワンダ(2004)』『アイアンマン2(2010)』『キャプテン・マーベル(2019)』『アベンジャーズ/エンドゲーム(2019)』


6:バージル・モロイ役(双子兄)

ケイシー・アフレック(Casey Affleck)

バージル・モロイ役(双子兄)ケイシー・アフレック(Casey Affleck)_12
ケイシー・アフレックの経歴は?👤
1975年8月12日アメリカ合衆国マサチューセッツ州ファルマス出身。俳優。
兄は俳優・映画監督のベン・アフレック。
12歳でテレビに出演するが俳優業から離れる。その後、1995年『誘う女』で映画デビュー。

ケイシー・アフレックの役柄は?🍿
ラジコンなどの操作を得意とする、バージル・モロイを演じています。双子のモロイ兄弟の兄で黒髪の方。ラジコンの操作が得意。

パート1では?
弟と供に様々な人物に変装し、カジノに侵入しました。

パート2では?
自身の結婚式を挙げた後の食事会で、ベネディクトの訪問を受けます。返済不足分は、700万ドル。

ケイシー・アフレックの他の映画出演作は?🎬
『誘う女(1995)』『チェイシング・エイミー(1997)』『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち(1997)』『200本のたばこ(1999)』『アメリカン・パイ(1999)』『アメリカン・サマー・ストーリー(2001)』『GERRY ジェリー(2002)』『インターステラー(2014)』『マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016)』

7:ターク・モロイ役(双子弟)

スコット・カーン(Scott Caana)

ターク・モロイ役(双子弟)スコット・カーン(Scott Caana)_12
ターク・モロイの経歴は?👤
1976年8月23日アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス出身。俳優。
父は俳優のジェームズ・カーン。
1997映画『ノーウェア』で映画デビュー。

スコット・カーンの役柄は?🍿
主にドライバーを務める、ターク・モロイを演じています。
双子のモロイ兄弟の弟でオールバックヘアの方。運転が得意。

パート1では?
兄と供に様々な人物に変装し、カジノに侵入しました。まだ運転係も務めていました。

パート2では?
兄バージルの結婚式後の食事会の出席中で、ベネディクトの訪問を受けます。相変わらずモロイ兄弟仲が悪いのか、食事会でみんな名前を呼ばれていたのにタークだけ呼ばれていませんでしたね。それでも一緒にいるという。返済不足分は、1400万ドル。結構使い込みましたね。

スコット・カーンの他の映画出演作は?🎬
『エネミー・オブ・アメリカ(1998)』『マネー・ゲーム(2000)』『60セカンズ(2000)』『イントゥ・ザ・ブルー(2005)』『ロック・ザ・カスバ!(2015)』

8:イエン役

チン・シャオポー(Shaobo Qin)

イエン役チン・シャオポー(Shaobo Qin)_12
チン・シャオポーの経歴は?👤
1982年中華人民共和国広西省出身。俳優・アクロバッター。
「The Peking Acrobats」のメンバー。11歳の頃にアクロバットパフォーマンスを見てアクロバッターを目指す。

チン・シャオポーの役柄は?🍿
バーナム・サーカスの中国雑技団曲芸師、イエンを演じています。

パート1では?
得意の体の柔らかさで金庫の侵入に成功しました。

パート2では?
マイアミの豪邸で美女とともに過ごしていましたが、破局したところでベネディクトがやって来ます。
さすがベネディクト様、中国語がペラペラでした!

9:リヴィングストン・デル役

エディ・ジェイミソン(Eddie Jemison)

リヴィングストン・デル役エディ・ジェイミソン(Eddie Jemison)
エディ・ジェイミソンの経歴は?👤
1963年ルイジアナ州ニューオリンズ出身。俳優。
1996年『スキゾポリス』で映画デビュー。舞台を中心に活躍している。

エディ・ジェイミソンの役柄は?🍿
電気・通信・メカニック専門家、リヴィングストンを演じています。

パート1では?
仲間になるまでは、FBI組織犯罪対策部の電気技師をしていました。システム侵入に成功し、かなり活躍しました。

パート2では?
ナイトクラブで売れないコメディアンとして活動しています。舞台が終わった後にベネディクトがやって来ます。リヴィングストンはオーシャンズの中で唯一、前作のカジノ強盗の報酬に手をつけませんでした。ベネディクトがちょっと優しく見えたのは、そのせい?

エディ・ジェイミソンの他の映画出演作は?🎬
『レリック (1997)』『ブルース・オールマイティ(2003)』『ウェイトレス 〜おいしい人生のつくりかた(2007)』『インフォーマント!(2009)』

10:ソール・ブルーム役

カール・ライナー(Carl Reiner)

ソール・ブルーム役カール・ライナー(Carl Reiner
カール・ライナーの経歴は?👤
1922年3月20日アメリカ合衆国ニューヨーク州ブロンクス出身 – 2020年6月29日(98歳没)。映画監督・俳優・プロデューサー・脚本家・声優。
息子は俳優・映画監督のロブ・ライナー。
ブロードウェイミュージカルでキャリアをスタートさせる。俳優、監督など様々な分野で活躍する。

カール・ライナーの役柄は?🍿
往年の天才詐欺師、ソール・ブルームを演じています。

パート1では?
武器商人『ライマン・ゼルガ』に化けて、カジノに侵入しました。

パート2では?
全てのお金は使っていないが「金は全部使って死ぬ」と言って参加拒否します。

カール・ライナーの他の映画出演作は?🎬
『Happy Anniversary (1959)』『オー!ゴッド(1977)』『マジェスティック(2001)声』

11:ライナス・コールドウェル役

マット・デイモン(Matt Damon)

ライナス・コールドウェル役
マット・デイモンの経歴は?👤
1970年10月8日アメリカ合衆国マサチューセッツ州ケンブリッジ出身。俳優・脚本家・映画プロデューサー。
10代の頃から役者を志す。ハーバード大学在学中から映画やテレビに出始めており、大学を中退。幼馴染であるベン・アフレックと共に製作した『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』でアカデミー脚本賞を受賞する。

マット・デイモンの役柄は?🍿
若手ですが天才的なスリ師、ライナスを演じています。
通称『黄金の指を持つスリ』。伝説的な泥棒”ボビー・コールドウェル”の息子。いつもガムを噛んでいます。

パート1では?
両親を越えたいと参加し、金庫に侵入しました。

パート2では?
まだまだ小物感がぬぐえません。ベネディクトも相手にしていない様子。700万若手の育成に100万くらい使ったとアピール。

マット・デイモンの他の映画出演作は?🎬
『ミスティック・ピザ(1988)』『青春の輝き(1992)』『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち(1997)』『プライベート・ライアン(1998)』『リプリー(1999)』『ボーン・アイデンティティー(2002)』『インフォーマント!(2009)』『インビクタス/負けざる者たち(2009)』『オデッセイ(2015)』

12:テス役

ジュリア・ロバーツ(Julia Roberts)

テス役
ジュリア・ロバーツの経歴は?👤
1967年10月28日アメリカ合衆国ジョージア州アトランタ近郊のコブ郡出身。女優。
両親共に役者であり、兄エリックと姪エマも俳優。複雑な家庭環境の中で育つが、俳優の兄の影響で役者を志す。

ジュリア・ロバーツの役柄は?🍿
ダニエル・オーシャンの妻、テスを演じています。

パート1では?
ベラージオ美術館の館長を務めており、ベネディクトと恋人同士でした。ラストでダニーと復縁します。

パート2では?
前作でベネディクトが自分よりもお金が大切だと分かり、破局。現在はダニーの妻で、専業主婦をしています。
作中ではジュリア・ロバーツになりすまし、不本意ながらもお手伝い。よって、『オーシャンズ12』の「12人目」は、彼女テスです!

ジュリア・ロバーツの他の映画出演作は?🎬
『マグノリアの花たち(1989)』『プリティ・ウーマン(1990)』『愛がこわれるとき(1991)』『ペリカン文書(1993)』『プリティ・ブライド(1999)』『ノッティングヒルの恋人(1999)』『エリン・ブロコビッチ(2000)』『ザ・メキシカン(2001)』『食べて、祈って、恋をして(2010)』『ワンダー 君は太陽(2017)』




カジノ・ベラージオ

テリー・ベネディクト役

アンディ・ガルシア(Andy Garcia)

テリー・ベネディクト役
アンディ・ガルシアの経歴は?👤
1956年4月12日キューバ・ハバナ出身。俳優。
フロリダ国際大学に進学し、演劇に関わるようになる。1987年、映画『アンタッチャブル』で一躍有名に。

アンディ・ガルシアの役柄は?🍿
オーシャンが狙う3つの巨大カジノのオーナー、ベネディクトを演じています。
3大カジノ「ベラージオ」「ミラージュ」「MGMグランド」を経営しています。社員全員の顔と名前を記憶し、カジノのお客様にも挨拶を欠かしません。さらに4ヶ国語を操るというすごい人。

パート1では?
ダニーたちにカジノ強盗をされ、1億6,000万ドルを金庫から盗まれてしまいました。ダニーの元妻のテスと交際していました。

パート2では?
盗まれたお金は保険がおりて戻ってきましたが、怪盗”ナイト・フォックス”の情報によりオーシャンたちの居場所などを知り、一人一人に返済を要求します。

アンディ・ガルシアの他の映画出演作は?🎬
『アンタッチャブル(1987)』『ブラック・レイン(1989)』『ゴッドファーザー PART III(1990)』『ゴーストバスターズ(2016)』『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー(2018)』

ヨーロッパ

イザベル・ラヒリト役

キャサリン・ゼタ=ジョーンズ(Catherine Zeta-Jones)

イザベル・ラヒリト役キャサリン・ゼタ=ジョーンズ(Catherine Zeta-Jones)
キャサリン・ゼタ=ジョーンズの経歴は?👤
1969年9月25日イギリス/ウェールズ/スウォンジー出身。俳優。
11歳から舞台に立つ。1990年『シェラザード』で映画デビュー。その後、コメディドラマに出演し、注目を浴びる。1988年『マスク・オブ・ゾロ』でアメリカでも有名に。

キャサリン・ゼタ=ジョーンズの役柄は?🍿
ユーロポール(欧州刑事警察機構)の有能な捜査官、イザベルを演じています。
怪盗ナイト・フォックスを追っています。父は、大泥棒ルマーク。ですが幼い頃に父は亡くなったと母から聞かされています。有能な捜査官ではありますが、やはり血は争えないのか、立派に父の血を継いでいます。
ラスティとは元恋人同士でしたが、その時はラスティの素性を知りませんでした。お互いにかなり未練はある様子。

アンディ・ガルシアの他の映画出演作は?🎬
『マスク・オブ・ゾロ(1998)』『エントラップメント(1999)』『トラフィック(2000)』『シカゴ(2002)』『ターミナル(2004)』『オーシャンズ12(2004)』『幸せのレシピ(2007)』『ブロークンシティ(2013)』『REDリターンズ(2013)』

フランソワ・トゥルアー役

ヴァンサン・カッセル(Vincent Cassel)

フランソワ・トゥルアー役ヴァンサン・カッセル(Vincent Cassel)
ヴァンサン・カッセルの経歴は?👤
1966年11月23日フランス/パリ出身。
アクターズ・インスティテュート・オブ・ニューヨークでコメディを学ぶ。1991年『Les clés du paradis』で映画デビュー。
父は俳優のジャン=ピエール・カッセル。

ヴァンサン・カッセルの役柄は?🍿
裏の顔は怪盗ナイト・フォックス、別名モレッティ、フランソワ・トゥルアーを演じています。
大泥棒ルマークが師匠。表向きは、イタリアのコモ湖に住む大富豪としています。かなりの自信家で「オーシャンが世界一の泥棒」という言葉に嫉妬し、オーシャンたちに勝負を持ちかけます。かなりの身体能力の持ち主。

ヴァンサン・カッセルの他の映画出演作は?🎬
『憎しみ(1995)』『ジャンヌ・ダルク(1999)』『アレックス(2002)』『ジャック・メスリーヌ フランスで社会の敵No.1と呼ばれた男(2008)』『ブラック・スワン(2010)』『たかが世界の終わり(2016)』『ジェイソン・ボーン(2016)』『アンダーウォーター(2020)』

その他の人物

FBIモリー・スター役

チェリー・ジョーンズ(Cherry Jones)

FBIモリー・スター役"チェリー・ジョーンズ(Cherry Jones)
チェリー・ジョーンズの経歴は?👤
1956年11月21日アメリカ合衆国テネシー州出身。
カーネギーメロン大学演劇学校を卒業後、アメリカン・レパートリー・シアターを創立メンバーの一人に。主に舞台を中心に活躍している。

チェリー・ジョーンズの役柄は?🍿
FBIとして登場した、モリー・スターを演じています。
もちろん本当はFBIではなく、ライナスの母であり有名な詐欺師であります。ライナスのことをまだまだ子供扱いしています。でも優しそう〜!

チェリー・ジョーンズの他の映画出演作は?🎬
『エリン・ブロコビッチ(2000)』『パーフェクト ストーム(2000)』『サイン(2002)』『ヴィレッジ(2004)』『ニューイヤーズ・イヴ(2011)』『マザーレス・ブルックリン(2019)』

 映画『オーシャンズ』シリーズをもっと知る

リメイク元を観る

実はこちらの『オーシャンズ』シリーズは、
『オーシャンと十一人の仲間(1960)』のリメイクなのですよね!
リメイクとリメイク後は結構違いますが、見比べてみるのも面白いかもです。


DVDでじっくり観る

オーシャンズ11・12・13、そしてオーシャンズ8までがセットになったお得なDVDセットはおすすめです!


 スティーブン・ソダーバーグ監督について

スティーブン・ソダーバーグ(Steven Soderbergh)

 

1963年1月14日アメリカ合衆国ジョージア州アトランタ出身。映画監督、脚本家、プロデューサー。

高校生から映画を撮り始める。高校卒業後は、ハリウッドで編集者として働く。映画制作と脚本執筆を行う。

 

『セックスと嘘とビデオテープ(1989)』
『わが街 セントルイス(1993)』
『アウト・オブ・サイト(1998)』
『エリン・ブロコビッチ(2000)』
『トラフィック(2000)』
『さらば、ベルリン(2006)』
『オーシャンズ12(2004)』
『オーシャンズ13(2007)』
『恋するリベラーチェ (2013)』
『ローガン・ラッキー(2017)』